レビトラは即効性のあるED治療に効果のあるお薬です。特徴としては食事の影響を受けにくいことです。バイアグラの効きが悪かった方は即効性が高いレビトラを一度お試しください。

レビトラの画像

糖尿でも性交が期待できるレビトラ

現在、ED治療薬としては3つの製品が知られていますが、副作用に関しては概ね同様となるものの、有効成分にはそれぞれに違いがあり、その中の1つとなるラトビアでは塩酸バルデナフィル水和物が中心成分となっています。有効成分としてバルデナフィルを含有しており、例えば、高い効果が期待できるレビトラ20mgでは、塩酸塩水和物23.705mgのうちバルデナフィルが20mg含まれていることを意味しています。
レビトラの効能としては、勃起を持続させるのに必要となる、血管を拡張させる物質を壊す酵素を抑制する作用があり、服用することで勃起へとつなげることができます。認識が必要となることとしては、あくまでも勃起をした時にそれを補助するという役割を持っているという点があり、服用をすることで勃起をするという医薬品ではないことを理解しておく必要があります。また、他のED治療薬と同様に食事の影響を受けることも理解をしておく必要があり、製造先となる大手医薬品メーカーでは、標準的な食事の影響は受けないとはしているものの、ここにはその内容として具体的なカロリーの提示がなされているために範囲内にすませることが必要になります。
レビトラは、処方を行う医療機関においてもその高い効能は確認されていますが、1つに糖尿の人でも性交が期待できると言われており、実際、レビトラ10mgやバイアグラ50mgでは効果の無かった人に対してはレビトラ20mgが勧められています。医薬品メーカーのデータにおいては、投与開始後12週間後に挿入が可能となった患者の比率があり、ここでは、高い勃起機能の改善がグラフによって表現されています。ただ、報告には副作用に関しての内容もあり、発現率としては335例中81となり、具体的な症状としては火照りが11.3%、頭痛が4.2%、動悸が2.5%、鼻づまりの症状が2.2%となっています。