レビトラは即効性のあるED治療に効果のあるお薬です。特徴としては食事の影響を受けにくいことです。バイアグラの効きが悪かった方は即効性が高いレビトラを一度お試しください。

レビトラの画像

レビトラと高血圧症治療薬との併用における注意点

勃起不全症(ED)は多くの場合は中年以降に発症します。その理由としては、糖尿病や高血圧などの生活習慣病から動脈硬化が進行することで勃起不全症を引き起こすことが多いからです。それ以外にも心理的要因や外傷、手術による神経障害が原因となって勃起不全症が起こることがあります。
勃起不全症治療に近年は勃起不全症治療薬が広く使用されるようになってきています。日本ではバイアグラが最初に勃起不全症治療薬として臨床応用されましたが、その後レビトラ、シアリスも厚生労働省の承認を受け、販売されるようになりました。
これらはいずれもホスホジエステラーゼ5という酵素を阻害することで血管を拡張させ、陰茎部への血流量を増やし勃起を起こしやすくします。しかしこの種の薬剤は併用薬に注意が必要となります。ここでは高血圧症治療薬との併用における注意点について解説します。
まず注意しなければならないのが低血圧を引き起こすリスクです。高血圧の治療では薬の効果で血圧を下げることが重要視されますが、レビトラもまた血圧を下げます。なぜならレビトラには陰茎部に対する選択性はなく、全身の血管を拡張させてしまうためです。普段降圧剤を使用して正常範囲の血圧をコントロールしている場合、レビトラを使用することで正常範囲よりも低い血圧となってしまう恐れがあります。
またCaブロッカーとの併用には特に注意が必要です。Caブロッカーの代表例としてはアムロジピンやニフェジピンが挙げられます。CaブロッカーはいずれもCYP3A4という薬物代謝酵素によって分解され、体内から消失します。そしてレビトラもCYP3A4で代謝される薬剤なのです。もし両者を併用するとCYP3A4を競合し、それぞれの作用が増強してしまい、低血圧を起こしやすくなるのです。